いしわ内科皮膚科クリニック | 内科、皮膚科、健診、検診、美容皮膚科、アレルギー
 
トピックス
 

新型インフルエンザ(東南アジア、中国で流行中のH5N1,H7N9)

季節性のインフルエンザには、毎年流行が予測されるウィルス型に対するワクチンが作られていますが、このワクチンを接種しても感染してしまうのが、新型インフルエンザと呼ばれます。基本的には、鳥類にしか感染しないウィルスなので、季節性のインフルエンザワクチンには含まれないのですが、まれに鳥の排泄物や死骸などから人間に感染することがあり、それがヒトからヒトへと感染し始めると、予防する手段がないので厄介です。現在、H5N1型とH7N9型が中国でヒトからヒトへ感染していることが報告されています。

出典:厚生労働省

インフルエンザの株


インフルエンザは、インフルエンザウイルスの表面にある2種類の糖たんぱく質であるヘマグルチニン(H)とノイラミニダーゼ(N)、さらにHには16種類の亜型(数字の部分)、Nには9種類の亜型があり、それらを組み合わせてH5N1、H1N1、H3N2などの名称で分類されます。今年流行が危惧されているのは、現在東南アジアや中国で流行中のH5N1型とH7N9型です。

H7N9型は、H7亜型のヘマグルチニンとN9亜型のノイラミニダーゼを表面に持つウィルスで、これまではH7型は鳥にしか感染しないとされてきました。しかし、2013年に初めて中国でH7N9型ウィルスがヒトに感染・流行したのをきっかけに、その後は毎年東南アジアや中国で流行しています。このウィルスは、突然変異したのちに高い病原性を獲得した新種のウィルスで、中国で報告された感染者の約4割が死亡しています。


予防するには? 


残念ながら、現在、H5N1やH7N9ウイルスに有効なワクチンはありませんので、流行している地域への旅行は控えること、外出後の手洗い、うがいを習慣にすることが大切でしょう。