いしわ内科皮膚科クリニック | 内科、皮膚科、健診、検診、美容皮膚科、アレルギー
 
トピックス
 

逆流性食道炎

最近、胸やけがする、げっぷがよく出たり、お腹が張ったり、たばこを吸うと吐き気がするなどの症状はありませんか?もしかしたら、それは逆流性食道炎かもしれません。

逆流性食道炎とは、通常は閉じていて、食道から胃へ食べ物を運ぶ時に開く食道下部括約部(しょくどうかぶかつやくぶ)の働きが弱って、閉まりにくくなっており、逆に胃酸が食道へ戻ってきてしまうことによって、食道に炎症がおこる病気です。
原因は、食生活(脂っこい食べ物、アルコール、過食)やストレス、肥満、加齢などです。それから、食べた後すぐに横になると、胃から食道へ逆流しやすくなるので、これも要注意です。

内視鏡検査をすればすぐにわかりますので、気になる症状がある方は、クリニックにご相談下さい。

 

主な治療法


胃酸の出過ぎを抑える内服薬をしばらく飲むことで、症状がだんだん改善してきます。自己判断で途中でやめないで、しばらく薬を続けて飲むことが大切です。