いしわ内科皮膚科クリニック | 内科、皮膚科、健診、検診、美容皮膚科、アレルギー
 
トピックス
 

円形脱毛症

円形脱毛症とは、男性の薄毛のように頭全体が少しずつ薄くなるのとは全く異なり、ある日突然、10円玉くらいの大きさのハゲができているのを発見します。今までなんともなかったのに、急にごそっとある部分だけ毛が抜けるのが特徴です。はげている部分を触ってみると、ツルツルしていて、周りの皮膚よりも少しへこんでいます。脱毛部分は、他の部分との境界線がはっきりしていて、周りの毛を引っ張ってみると、簡単に抜けます。1ヶ所に限らず、何か所も円形脱毛になっていることもあります。

円形脱毛症の種類

最も一般的なのは、10円玉くらいの大きさの丸いハゲが、頭の所々にできる単発型円形脱毛症です。半分以上の人は、特に治療しなくても自然に治癒します。しかし、治ってもすぐ別の部分が円形脱毛になったり、脱毛の範囲が広がっていくケースもあります。これは多発型円形脱毛症と呼ばれ、適切な治療をすれば、半年〜2年くらいで治ることが多いです。まれに、円形脱毛になっている部分がつながっていって、やがて頭全体の髪の毛が抜けてしまうケースもあります。この場合は、かなり長い間根気よく治療しなければなりません。また、髪の毛だけでなく、体毛が全部抜けてしまう病気もあり、その場合は免疫系などの疾患が潜んでいる可能性があります。

治療方法

まずは、何が原因なのかを探ってみることです。一番多いのは、過度のストレスや生活リズムの乱れ、バランスの悪い食生活などです。特にストレスが多いと交感神経が刺激されて、頭の毛細血管が収縮し、血行が悪くなってしまうので、髪の成長を抑制してしまいます。職場や近所の人間関係に悩んでいたり、根を詰めて仕事をこなしたり、育児に追われて疲れていたり、毎日遅くまで残業したりと、様々なことがストレスになりますが、自分のために休む時間を作ってあげて、ストレスをしょいこまないようにしましょう。また、十分な睡眠をとることが、とても大切です。

髪の毛は、血液から作られています。食事から摂取した栄養分が、体の末端である髪の毛にまで十分いきわたるように、しっかりと栄養のあるものを食べなければ、脱毛を改善することはできません。特に、髪の主成分であるたんぱく質(大豆、玄米、とうもろこし、肉、魚、卵など)と、それを分解するビタミンB6(サバやまぐろ)を摂る事が大切です。また、頭皮の血行促進のために、ビタミンCや緑黄色野菜、青魚、海藻類などのミネラルを摂るようにしましょう。また、貧血も脱毛の原因になりますので、鉄分の多い食品を合わせて摂るように心がけましょう。特に女性は貧血になりやすいので、注意が必要です。

使っているシャンプーやリンスが合わないケースもありますので、できるだけ低刺激性の髪に優しいシャンプーを使うようにしましょう。特に、油分の多いコンディショナーを多用していると、頭皮が詰まって髪の代謝を抑制してしまうことがありますので気をつけましょう。

クリニックで行っている治療としては、@グリチルリチン製剤・セファランチンの内服、Aステロイド・塩化カルプロニウムの外用、B液体窒素を噴霧し、局所を刺激することで発毛を促進する方法などがあります。その他、詳細はクリニックにご相談下さい。