いしわ内科皮膚科クリニック | 内科、皮膚科、健診、検診、美容皮膚科、アレルギー
 
トピックス
 

にきび

にきびは毛穴に皮脂が詰まることによってできます。最初は肌の表面にブツブツ(皮脂がたまった状態)ができるだけですが、これを放っておくと炎症を起こして赤くなったり、中に膿を持ってしまい触るとすごく痛くなったりします。この炎症は、皮膚に存在するアクネ菌という菌が原因です。アクネ菌はすべての人が持っている菌で普段は悪さをする菌ではないのですが、毛穴が詰まって空気が遮断されると増殖し、炎症の原因になります。にきびは顔にできるものと思われがちですが、顔以外にも頭・肩・背中などにできることがあります。シャンプーのときに頭を触って痛い思いをしたことはありませんか?あれも頭にできたにきびです。

 にきびの原因

にきびができる一番の原因は毛穴に皮脂がつまることです。思春期はにきびで悩む人が多いと思いますが、思春期は成長の過程で男性ホルモンが多く分泌されるため、この影響で皮脂を作る動きが活発になってしまいます。これが10代の思春期にできるにきびの原因です。

にきびは思春期にだけできるものではなく、大人になってからも気をつけなければいけません。にきびには食べ物、生活習慣、ストレスなどが大きく影響します。脂肪分の多い食べ物や甘い物・辛い物を食べ過ぎるとビタミンが欠乏し、皮膚の抵抗力が落ちてしまいます。また、たばこの喫煙やお酒の飲み過ぎ、寝不足などの生活習慣やストレスなどによって成長ホルモンの働きが鈍くなると、健康な皮膚が保てなくなり、にきびができやすくなります。その他にも、紫外線や化粧など、いろいろなものが影響します。

にきびの予防と治療

にきび予防の一番は洗顔です。毎日何度も洗顔をすればいいというわけではなく、肌に優しい石鹸や洗顔料を使ってソフトな洗顔を心掛けましょう。必要以上に何度も洗顔をしたり、肌をゴシゴシこするのも良くありません。必要以上に皮脂を取り除いてしまうと、肌が乾燥して逆効果です。健康な肌を保つためには、洗顔のあとに化粧水などを使って保湿をすることも大切です。

また、食べ物や生活習慣、ストレスもにきびができる原因になりますので、にきびを予防するためにはバランスの取れた食事と規則正しい生活をし、ストレスを溜め込まないようリラックスできる時間を持つことも基本となります。

初期段階のにきびであれば、こうした洗顔や生活習慣の改善で治ってしまうことも多いのですが、炎症を起こしたり化膿してしまった場合には、早めにクリニックに相談して下さい。こうしたにきびには根気強い治療が必要になりますが、化膿したにきびを触ってつぶしたりすると、にきびの跡が残ってしまうこともあるので、クリニックで診察を受け抗生物質を処方してもらうなど、きちんと治療されることをお勧めします。

にきびの新しい治療薬  −アダパレン−

クリニックでは、これまで化膿した赤いにきびに対して抗生物質の内服や外用で治療してきましたが、治療を中止すると再燃を繰り返す患者さんが多くみられました。これはアクネ菌を減少させて炎症を鎮める治療はできても、炎症を起こす前のにきびの発生を抑える有効な治療法がなかったためでした。

最近、にきびの元となる毛穴のつまりを取り除く、外用レチノイド製剤であるアダパレン(ディフェリン®ゲル0.1%)が国内で発売されました。日本皮膚科学会尋常性ざ瘡ガイドラインでは推奨度Aランクに認定され、その効果と安全性が認められています。今まで有効な治療法が少なかった初期のコメドや白にきびもきれいに治せるようになりました。

アダパレンは1日1回夜に外用しますが、使い始めの1−2週間に外用部位がカサカサしたり赤み痒みが出たりする刺激症状があります。この反応は、化粧水や保湿剤を併用したり、1日おきに外用したりして、途中でやめないで継続していくと2−3週間でやわらいできます。人によって3週間から3ヶ月ぐらいでにきびが減少し効果がみられるようです。化膿したにきびが多い人も抗生物質だけの治療に比べ、アダパレンを併用したほうが効果が認められています。治ったあとも外用を継続していくと新しいにきびの発生を防ぎ、いい状態を維持できるようになります。

今までにない画期的な外用薬が登場したことで、にきび治療が変わってきましたので、これまでクリニックに行ったことがある人も無い人も、是非一度診察をお勧めします。

その他、保険外の治療ですが、ケミカルピーリングも同じように毛穴のつまりを取り除くことにより、にきびに効果があります。ケミカルピーリングとアダパレンを比較したデータは今のところありませんが、1回の処置の効果はピーリングのほうが強く、即効性はあるように思います。詳しくは今後の研究報告を待ちたいと思います。ケミカルピーリングに定期的に通院する時間がない忙しい人、金銭的にケミカルピーリングを受けられない人などはアダパレン外用での治療をお勧めします。