いしわ内科皮膚科クリニック | 内科、皮膚科、健診、検診、美容皮膚科、アレルギー
 
トピックス
 

メタボリックシンドローム

最近、「メタボリックシンドローム」あるいは「メタボリック症候群」という言葉をよく耳にしませんか?

メタボリックシンドロームとは、内蔵に脂肪がたまることによって、インスリンの働きが低下して代謝異常が起こり、「肥満症」「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」などの生活習慣病になりやすい状態のことを言います。これらの生活習慣病は、他の病気と違ってはっきりとした自覚症状がなく、放っておくと動脈硬化へと発展し、最悪の場合は死に至ります。血圧、肥満、血糖、血中脂質の4つすべてに異常が見られる人は、「死の四重奏」と呼ばれることがありますが、こうした危険因子を併発した人は、危険因子をまったく持たない正常な人に比べて、動脈硬化になるリスクが10倍以上になることがわかっています。動脈硬化による心臓疾患(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)は、突然発症することが多く、また死を逃れたとしても重い後遺症が残ります。

もしかしてメタボリック?

次のような生活習慣に当てはまる人は、要注意です。
 ついつい食べ過ぎてしまう
 間食が好き
 甘いものが好き
 夜遅くに食べることが多い
 アルコールをよく飲む
 あまり運動していない
 生活が不規則
 喫煙している

メタボリック症候群の主な原因は、内蔵脂肪の蓄積です。最近、外見はスリムに見えても、実は内蔵脂肪がたまっている人が多いものです。腹部CT検査で内臓脂肪量を正確に測るのが確実ですが、まずは自宅でも簡単にできる方法として、おへその周りのウェスト径を測って、内臓脂肪の蓄積度をチェックしてみましょう。

軽く息を吐いた状態で立ったまま、おへその周りのサイズを測って下さい。以下のサイズを超えていると、内臓脂肪量が100平方センチメートル以上あると推定され、メタボリックが疑われます。

男性の場合:85cm以上
女性の場合:90cm以上
こどもの場合:80cm以上

さらに、健康診断で以下の項目を調べて、以下のうち2つ以上に該当するとメタボリックシンドロームと診断されます。

トリグリセライド値 ≧ 150 mg/dL (子どもは120 mg/dL)
かつ/または
HDLコレステロール<40 mg/dL
収縮期(最大)血圧 ≧ 130 mm/HG(子どもは125 mm/HG)
かつ/または
拡張期(最小)血圧 ≧ 85 mm/HG(子どもは70 mm/HG)
空腹時血糖 ≧ 110 mg/dL(子どもは100 mm/HG)

2008年4月には、メタボリックシンドロームに重点を置いた新しい健康診断が開始されます。ウェスト径の測定や検査データからメタボリックが疑われた場合は、保健指導が行われます。

メタボリックを改善するには?

メタボリックシンドロームは、肥満、高脂血症、血圧などのいくつもの因子が重なっているため、「この薬を飲めば治ります」という劇的な治療方法がありません。ですから、毎日の食事と運動に気をつけて、生活習慣を改めることが一番の予防・治療方法になります。

次の項目を参考に生活習慣を変えてみましょう。3ヶ月続ければ、内臓脂肪は劇的に改善されます!

適度な運動を心がけましょう: 駅まで歩く、階段を使う、ジムに通う、スイミングなど
外食を減らして、自宅でヘルシーな食事をいただきましょう: 野菜中心で薄味が一番です
アルコールの量を減らしましょう
禁煙しましょう
ストレスを減らして、十分な睡眠をとるようにしましょう