いしわ内科皮膚科クリニック | 内科、皮膚科、健診、検診、美容皮膚科、アレルギー
 
トピックス
 

頭じらみ

「頭じらみ」なんて、毎日お風呂に入って洗髪するのが当たり前の現代社会では、もうないでしょう・・・と、過信していませんか?保育園や幼稚園、学校などで集団生活を送っていれば、気付かないうちに頭じらみに感染していることがあります。しらみは、夏から秋にかけて高温多湿の時期に繁殖しやすいのですが、都筑区では頭じらみの患者さんが最近増えています。しらみは、人の毛から毛、物から物を伝って移動します。あっという間に広がりますので、流行している地域にお住まいの方は、毎日頭皮をチェックして、しらみの卵がないかどうか確認するようにしましょう。ひとつの卵から1ヶ月で約200匹も繁殖しますので、早く見つけて駆除することが大切です。

 しらみの発見方法 


頭じらみの成虫は、2〜4mmでとても小さく、動きも素早いので、ほとんど見つけることはできないので、しらみの卵がないかどうかをチェックします。しらみの成虫は、頭皮から血を吸って毛根近くに卵を産みます。後頭部や耳の後ろ辺りを重点的に探してみましょう。しらみの卵は、一見フケと見分けが付きにくいのですが、白くて細長い楕円形をしていて、髪の毛にへばりついている感じで、指ですべらせて取ろうとしてもなかなか取れません。また、押しつぶすとプチっと音がします。

 しらみの駆除方法 


しらみは、「スミスリン」という特殊なシャンプーを使って、成虫と幼虫を駆除することができます。ただし、このシャンプーは卵には効果がないので、卵が全て孵化して幼虫になり、それを駆除するまで1ヶ月くらいの間は使用し続けましょう。卵は、目の細かいクシで梳いて取って、つぶして駆除します。
粉末タイプと通常のシャンプータイプがあるので、使いやすい方を選んで下さい。1日1回、2日おきに使用し、2〜3回使用する頃にはかゆみも収まってきます。

しらみ対策で拡大感染を防ぎましょう 


しらみになった人の近くにいるだけで、感染するということはありませんのでご安心を。しらみは、物や毛を媒介して移動しますので、帽子やくし、タオル、枕など、直接接触するものを共有しなければ大丈夫です。

家族が感染してしまったら、タオルやくし、寝具、帽子など、直接当たるものを共有するのを避けて、こまめに洗濯、掃除しましょう。また、しらみは熱に弱いので、お湯で洗濯したり、布団を天日干すると効果的です。髪の毛を短く切って、頭を掻いた爪の中に卵が入り込まないように、爪も短く切りそろえましょう。

気になる方は、クリニックで虫卵検査を受けていただければ、簡単に診断がつきますので、ご相談ください。