インフルエンザ4価ワクチン

これまでのワクチンは、A型2株(A香港型と2009年に新型インフルエンザと呼ばれたH1N1型)とB型1株の3種類に対抗できる3価ワクチンでした。日本の生物学的製剤基準では、薬の中に含めてよいタンパク質の上限が3種類までと決まっていたため、2種類あるB型ウィルス(ビクトリア系統と山形系統)のうち、前回のシーズンで流行したウィルスをもとに予測して、どちらかの系統をワクチンに入れていました。しかし、最近のB型ウィルスは、2つの系統が同時に流行する傾向があり、ワクチンに入っていない方の型が流行してしまうと、ワクチンの効果がなくB型ウィルスに感染してしまうケースが多くみられました。

そこで、2015年から両方のB型ウィルスに対抗できる4価ワクチンが日本でも導入されることになりました。WHOでもB型2種類のワクチンを推奨しており、アメリカではすでに2013年から4価のワクチンを導入しており、その効果が実証されています。

インフルエンザについて詳しくはこちら